本文へスキップ

TEL. 0766-63-6590

〒939-1118 富山県高岡市戸出栄町57-5

会社方針CONCEPT

会社方針

株式会社小泉製作所は、仏具、音響クラフト、精密バルブ、機械部品等の銅合金鋳造及び加工を生業としています。
当社はその中でも音響クラフト製品の開発を得意としており、金属の持つ魅力的な音色を最大限に引き出す試みを行っています。また文化遺産の修復も手掛けており、2007年には、アントニ・ガウディ設計の「グエル別邸 龍の門の鐘」(スペイン)修復、2010年には「日比谷公園 自由の鐘」(東京)修復に携わりました。
そして、自社の製品を通して普段の生活に彩りや癒しを提供したい想いから、「快音」にこだわったアイテムを取り揃えたオリジナルブランド【小泉屋-KOIZUMIYA-】を2012年より展開いたしました。
3Dプリンターやモデリングマシン、レーザーマーキングなどの最新技術も積極的に導入し、400年以上続く高岡銅器の伝統を基軸としながらも革新的な製品づくりを目指し、誇りをもって挑戦し続けています。


CEOメッセージ

【継続は力なり】

小泉製作所は明治22年に小泉鋳造所として創業し、当初は主に、ヨーロッパで注目され、ジャポニズムの流れとなった美術工芸品の鋳造をてがけていました。その後、時代のニーズに合わせ、人々の役に立つ工業製品や安らぎを与える美術工芸品など多種多様な製品づくりを継続的に行ってきました。
近年は「快音」をテーマとした音響クラフト製品の開発に力をいれており、モノ作り大国日本の名に恥じない世界に誇れるものづくりを目指しています。
「社会生活に役立つ商品を創造し、社会生活に寄与する」との経営理念のもと、これからも一層の努力を続けてまいります。

株式会社小泉製作所 代表取締役 小泉 俊博


会社沿革

1889年
銅器、仏具鋳造作業所として創業(小泉鋳造所創立)
1939年
企業統制令により、軍需工場に指定され小泉鉄工所に改名。
1949年
銅器、仏具、輸出品(キャンドル、シャンデリア商品各種装飾品)を主力製造品目とする。
1963年
富山県高岡市美幸町 2-1-6に新工場を建設。小泉製作所と改称。
1988年
富山県高岡市戸出栄町 高岡銅器団地内に工場を移転。
株式会社として、法人化する。
2005年
おりん、専用りん棒がグッドデザイン賞を受賞する。
2010年
卓上ベル「pear」がグッドデザイン賞を受賞する。
2016年
鋳物体験工房をオープンさせる。

バナースペース

株式会社小泉製作所

〒939-1118
富山県高岡市戸出栄町57-5

TEL 0766-63-6590
FAX 0766-63-6591
お問い合わせはこちらから